住宅ローンの審査について

皆さんは「信用情報」という言葉を聞いたことはありますか?
信用情報とは、基本的な個人情報に加え、クレジットカード、ローン等の借入状況、借入金額、契約状況と返済状況が記されている情報です。他にも延滞、代位弁済、強制回収手続、完済など細かい情報も記されているので、信用情報に傷がついてしまうと今後の借り入れなどが厳しくなる可能性が高くなると言われています。

では、信用情報に記載された情報はいつ消えるのでしょうか。
信用情報に情報が記載されてしまうと、住宅ローンで融資を受けることが難しくなるとは思いますが、1度記載されたからといって一生涯記載されるわけではありません。その期間は個人の事情によって様々なようですが、一定期間が経つと情報は消えると言われています。

個人信用情報に記載されている期間

・住宅ローン審査の記録:半年間
・債務整理をした記録:完済から約5年間
・自己破産をした記録:CICやJICCは5年間
・クレジットカード等のひどい延滞:完済から3〜5年間


お客様の状況や金融機関によって変わりますが、一般的には上記の期間と言われています。
住宅ローン審査を受けた記録は短期間でそこまで影響があるわけではないと思いますが、それ以外については、その情報が残っているのであれば住宅ローン審査に通る可能性はかなり低いといえると思います。


住宅ローン審査が通らなかった記録について

半年ほどで住宅ローン審査の履歴は消えると言われていますので、再度住宅ローンの審査を受けるためには、半年後に情報が消えてから審査を受ける必要があります。その際にまた審査に通らなかった場合は何らかの理由があるかと思うので、審査に通らなかった理由などを検討してから、再度申し込みをする方がよいでしょう。

住宅ローンや審査など、専門的な分野ということもあってわかりづらい部分が多々あると思いますので、住宅ローンを組めるのか、審査は通るのかなどは、住宅を購入する前にまずはお気軽にご相談ください。事前に相談することで、しっかりと自分にあった住宅ローンを選ぶことができると思います。


家計費との割合に注意して購入を検討しよう!

住宅ローンを組み間違えてしまうと購入後の生活を絞め付けることになります。購入後の生活まで検討した資金計画が大切です。そうならない為にも、しっかりとした計画を立てることが安心して購入する一歩になるのではないでしょうか。



Share on Facebook
Facebook

シェアする