団体信用生命保険について

金融機関から融資を受けるとき、債務者が加入する保険を団体信用生命保険といいます。債務者が死亡・高度障害などの保険支払い条件を満たした状態に陥ったときに保険金が金融機関に支払われ、残債がなくなるという保険です。
通称「団信」と呼ばれ、住宅ローンを組む際には、殆どの金融機関では団信への加入は必須となり、加入ができないと融資を受けることも出来ません。ですが、例外もあります。例えば、住宅金融支援機構は任意加入となっています。また、保険料の支払い方や保険金が支払われる条件などは、団信の種類によって変わってきます。

団体信用生命保険の種類について

現在各金融機関が様々な種類の団信が展開されいるのでみていきましょう。

通常団信

被保険者が死亡・高度障害になってしまった場合に保険金が支払われます。
地方銀行の場合は地銀協団信、住宅金融支援機構の場合は機構団信と、提供している金融機関によって名称は異なりますが、保険の内容はほぼ同じです。

3大疾病保障特約付団信

通常団信に加え、3大疾病にかかってしまい所定の状態と診断された時に保険金が支払われる団信です。3大疾病とは、悪性新生物(ガン)や急性心筋梗塞、脳卒中となっています。
ガンの場合は診断が確定した時、急性心筋梗塞や脳卒中の場合には、診断を受けてから規定の日数以上所定の状態が続いた時に限り保険金が支払われる対象となります。また、8大疾病保障特約付団信ともなれば、3大疾病特約に加え、5つの疾病にかかってしまい所定の状態と診断された時に保険金が支払われる団信もあります。
上記で言う「5つの疾病」とは、

①高血圧症
②糖尿病
③急性腎不全
④肝硬変
⑤慢性膵炎

となっております。

その他

その他、病気、ケガで所定の状態が規定の日数継続した場合の保障や配偶者が女性特有のガンと診断された場合の保障など、各金融機関は様々な保障が展開されています。

団信での注意点について

取扱が金融機関のため勘違いされてしまう方も多いのですが、団信は保険会社の商品です。似ているような商品でも、出している保険会社が違えばその内容は異なります。例えば、『就業不能状態』といっても、当てはまる条件などは商品によって違うのです。分かっているつもりにならず団信のパンフレットやしおりをきちんと読むようにしましょう。
また、生命保険と同じように、加入後に免責期間があります。途中での変更などは難しいこともありますので、合わせてきちんと確認してからの契約がよいでしょう。

団信の選び方

団信の商品性は生命保険と同じでも、加入する目的は少し異なります。
生命保険は、病気や怪我をしたときや、万一亡くなってしまったときに家族にお金を遺すために加入されている方が多いかと思います。
それに対してローンにおける団信は、自分が返済出来なくなった際に返済金を賄うための保険です。もちろん、万一亡くなってしまったときにはローンの支払いがされ、家族がそのまま家に住むことができます。特約付きの団信なら、加入指定の病気と診断されて、治療のため会社を休まなければならなくなってしまった時などのローンの支払いに困らないよう考えられているのです。


疾病特約付きの団信は、ほとんどの金融機関で保険料が金利に上乗せれてしまうため、金利が高くなるのはと躊躇される方も多いでしょう。また、生命保険の加入などしっかりと備えている方も、加入に迷われる方も多いかと思います。健康な時は病気になってしまうことは想像もつかないのも仕方ありません。病気にならず保険を使わないで済むのが1番です。
しかし、自分の身に何も起きない確信は誰にもありません。家族と家を守っていくために、万一の時の備えとして、疾病特約付きの団信への加入や、生命保険にて備えることは必要があるのではないでしょうか。



Share on Facebook
Facebook

シェアする