信用金庫の特徴とは?

皆さんの一番身近にあるといっても過言ではない金融機関である『信用金庫』。
信用金庫は各市区町村に本店があり、また隣接する市区町村にも支店を置いていて、前回のコラムで紹介した地方銀行よりもさらに狭い範囲の個人・中小企業を対象にした金融サービスを展開しています。ほとんどの従業員が本店または支店のある市区町村の出身者です。
今回は、『信用金庫』の融資について解説していきます。

信用金庫の融資について

信用金庫で受けることが出来る融資の種類は、地方銀行と同様です。
詳細は、コラム記事 『地方銀行の特徴とは?』 をご覧ください。

信用金庫で融資を受けるメリットについて

大前提として、信用金庫を利用するためには、信用金庫の営業エリア内に住んでいなければなりません。現在エリア内に居住してはいないけれども既に口座を持っているような場合、定期預金の預け入れやカードローンの受付は可能だと思います。しかし、住宅ローンやアパートローンは、まず受付すらしてもらえません。信用金庫の営業範囲は、地方銀行よりも狭く厳しいのです。しかしそれは、言い換えればその分営業地域内の顧客には非常に親身になって対応してくれるということです。
また、信用金庫は営利を目的としておりません。信用金庫と地方銀行の最大の違いは、営利を目的としているか否かと言えるでしょう。営利を目的としていない分間口が広く、地方銀行で無理だと断られた案件でも、信用金庫では審査が通ることもあります。
案件の受け入れ間口が広い。それこそが、信用金庫で融資を受ける最大のメリットです。

担当者との関わり方

金融機関によって、融資の承認・否認は判断基準が異なります。
各融資の商品ごと(住宅ローン・アパートローンなど)に規定があり、基本的には規定に当てはまる案件しか承認されません。ところが、規定に当てはまる案件というのは実は意外と少なく、金融機関の取り扱う案件の半数以上は、何かしら規定に当てはまっていないのです。そういった案件は規定外案件と呼ばれます。規定外案件は、支店の担当者が説明書を作成し、それが審査をする部署に認められれば承認となります。信用金庫はそういった規定外案件の取り扱い件数が、メガバンクや地方銀行よりも多いのです。

前述のとおり、規定外案件の承認には担当者の作る説明書が必要になってきます。つまり、より案件を通しやすくするためには、担当者といかに連携が取れているかが重要なポイントとなってくるのです。

金融機関は、平均3年毎に人事異動があります。メガバンクは全国各地、地方銀行は都道府県内各地に支店が置かれているため、今まで担当だった人が異動で遠い支店へ配属されることが多いです。そして、その土地に馴染みのない新しい担当者が、遠い支店から配属されることもあります。
一方、信用金庫は支店の置かれている範囲がとても狭いため、人事異動があっても今までの担当がとても近い支店へ配属されたり、新しい担当に変わってもその土地に所縁のある方が配属されたりすることが多いです。そのため、新しい担当とも馴染みやすく、万一うまくいかなかった場合でも、元の担当者がすぐにフォローに来てくれます。そういった人との縁が切れにくく繋がりやすい点は、信用金庫の利点だと言えるでしょう。

信用金庫で融資を受けるために

信用金庫での融資を希望される方は、まず自分が住んでいる市区町村の信用金庫について調べてみましょう。1つの市区町村に本店を置く信用金庫は1つではありませんし、近隣の市区町村の信用金庫の支店もあります。
そして、信用金庫によって融資の商品性は異なります。時間がある方は実際に支店に行って話を聞くことをおすすめします。また、信用金庫では長く取引をして担当・支店と信頼関係を築くことも重要となってきます。一度利用できればいい、ではなく、長くお付き合いの出来る信用金庫を探してみてください。