地方銀行の特徴とは?

皆さんは銀行について調べたことはありますか。
口座を作りたいときなどに、家の近くや利便性にて銀行を選ぶために場所を調べたり、口座開設のための必要書類、ローンを組みたいと考えた時などにどうしたらいいかを調べたりすることなどが多いのではないでしょうか。

実は、金融機関には特定の地域を中心に営業活動を行う銀行など、それぞれ運営方針や運営方法が違います。こういった特定の地域を中心に営業活動を行う金融機関を地方銀行といい、地域の企業への融資や地元のお客様に対して、住宅ローンや教育ローンなどを提供するなど、地域経済の中でとても大きな役割を果たしています。

各都道府県に本店を置き、所属している協会の違いにより、第一地銀と第二地銀に分類されていますが、本店がある都道府県の他にも、隣接する都道府県に支店が置かれ、多くは東京や大阪にも支店があります。地元企業や地域住民のニーズに合わせた細かいサービスを提供することで、ほかの金融機関との差別化を図りながら地域の個人や中小企業に密着した金融サービスを展開しているのです。

地方銀行の融資について

融資には、個人で受ける融資と法人で受ける融資に大きく2種類に分かれます。また、個人の融資には、目的型と非目的型に大きく分類されています。

目的型とは、住宅ローンや自動車ローン、アパートローン、教育ローンなど、融資金の資金使途が定められているものをいいます。
目的型に対して非目的型は、フリーローンやカードローンのような資金使途が定められていない融資をいいます。目的型の融資は、必要金額の確認資料を求められ、必要な金額での融資しか受けることができません。だからこそ、非目的型に比べると、より低金利で融資を受けることができるのです。

地方銀行で融資を受けるメリットについて

地方銀行で融資を受けるには、多くの場合には縁故が必要となります。現在その地域に住んでいる、または昔住んでいて口座を持っている、その地域出身であるなどの繋がりが求められます。地域経済に貢献するという地方銀行に求められる役割があるため、このような対応になっていますが、その分、縁故ある方には親身になって対応してくれると思います。

個人への融資のほとんどは保証会社付きですが、保証人扱いのプロパー融資も行います。保証会社付き融資では、保証会社で否認になってしまうと融資を受けることができませんが、保証人扱いのプロパー融資では銀行の判断で融資の可否が決まるため、支店の行員の取り組み姿勢が融資の承認に大きく関わってくることになります。地域に密着している地方銀行だからこそ、親身になって案件に取り組んでくれるため、都市銀行で融資を受けることができなかった融資の案件でも、地方銀行での融資なら受けることができる可能性もでてくるのです。

地方銀行と信用金庫の違い

信用金庫もまた地域密着という意味合いでは同じですが、地方銀行と信用金庫では融資を受けることができる地域の範囲が違います。地方銀行は都道府県を、信用金庫は市区町村を主に範囲としています。
例えば不動産投資の融資を受けたい時、自分はA県に住んでいるけど欲しい物件は隣のB県にある、そんな時に対応できるのが地方銀行で、逆に対応が難しいのが信用金庫です。
基本的に金融機関は支店の営業範囲内の案件を受け付けるため、地方銀行の方が信用金庫よりも全体で受付できる範囲が広いのです。


いかがでしたでしょうか。
実際には金融機関には考え方があり、その考え方に従って地域に貢献するという考えをもって運営されているのです。地方銀行で融資を受けたいとお考えの方は、まず自分に所縁のある地域の地方銀行について調べてみてはいかがでしょうか。
銀行によって融資の商品性も異なりますので、時間がある方は実際に支店に行って話を聞いてみることがご自分の納得のいく金融機関を見つけられるコツかもしれません。