ペアローンってどんなローン?

住宅ローンについては、多種多様なものがあります。どのような方法で住宅ローンを組んでいくかは自分自身で決めなければなりません。一生に一度の買い物だからこそ、いろいろなことに目を向けて調べることはご自身のためになると思います。今回は、住宅ローンのなかで「ペアローン」という住宅ローンについてご紹介してみたいと思います。

ペアーローンとは?

ペアローンは、夫婦や親子などがそれぞれに審査を受けて借りられる金額を決めるローンのことをいいます。ローンの借り入れ金額については、それぞれの収入での借り入れ金額を合わせて計算されるため、借りられることができる金額が多くなることがこのローンの大きな特徴でもあります。

団体信用生命保険の保障

ペアローンは、それぞれ1人ずつが1つの住宅ローンの契約をすることになるので、1つの契約する毎に団体信用生命保険の保障がついてきます。もし、旦那さんが亡くなってしまった場合、旦那さん名義で借りている住宅ローンの返済がなくなり、奥様が亡くなってしまった場合は、奥様名義で借りている住宅ローンの返済が無くなります。共働きで収入が同じくらいの場合には、連帯保証を選ばずにペアローンという方法を考えてみて、お互いに団体信用生命保険をかけるという方法もございます。

住宅ローン控除

ペアローンはお互いが住宅のローンを受け持つ形をとっているので、それぞれで住宅ローン控除の恩恵を受けることができます。お互いの収入で控除の滅税枠を使い切れていない場合は、夫婦で住宅ローン控除を使える形にすることをお勧めします。

ペアローンで借りる場合のデメリット

ペアローンでローンを組む場合にも、やはりデメリットが存在します。例えば以下のような点が考えられます。

・二人分なので倍の諸費用がかかる
・二人ともローンの審査に通ることが必要
・住宅ローンがオーバーローンになる可能性がある。
・住宅の持ち分設定を行うことによって贈与税がかかる場合がある
・住宅ローンの借り換えが出来ないときがある

いかがでしたか。
住宅ローンには多種多様な特約などがあります。自分自身の身の丈に合ったものを調べ、たくさんの角度から考えたローン選びが重要になってくると思います。どんな種類のローンがあるのかなど、幅広く検討されることが安心した住宅の購入につながるでしょう。