不動産投資の基礎知識

投資には預貯金、株式、不動産など、様々な種類のものがあります。
どの投資も一長一短であり、ノーリスクの投資などは存在しないと言ってもいいです。
そこで、まずは上記の投資の特徴について考えてみます。

それぞれの投資について

まず、預貯金には銀行などで扱っている商品(普通預金、定期預金、投資信託など)があります。
金利は低いですが元本割れのリスクが少なく「ローリスク・ローリターン」で資産を運用することができます。

次に、株式投資は投資した会社の経営状況によって株価が上昇したり下落したりします。業績の急成長により株価が何倍にもなる事もありますが、経営破綻で投資した資産がゼロになるリスクもあり「ハイリスク・ハイリターン」の商品と言えると思います。

最後に、不動産投資は土地の価値、賃料の下落や想定外の空室により利益を確保できない、地震などが原因で建物が倒壊してしまうというリスクをもってはいますが、土地を所有していればその価値がゼロになる事はまずないので、預貯金と株式の中間位のリスクとリターンといえるのではないでしょうか。

不動産投資のメリット

不動産は高額ですが、アパートローンを利用すれば、自己資金があまりなくても始めることができます。そして、しっかりと入居者がはいっていれば家賃収入が得られるので、ローンを利用してマンションやアパートを購入した方でも、毎月のローンの返済よりも家賃収入の方が上回り、ローン返済中でも収益を得ることが可能です。

また、立地やその他の条件が良い物件を購入していれば空室になる可能性も低くなるので、ローン完済後は更に長期的に安定した不労所得が得られます。
老後の生活に大きな不安を抱えている方にはうってつけの投資法であるとも言えます。

尚、家賃収入は不動産所得として申告しなければいけませんが、その時は必要経費として減価償却費を計上することができるので、手元に残る資金が多くなります。
さらに、万が一物価が上昇したとしても、その時は物件の資産価値も上がるので、その分家賃収入が増える可能性があり、インフレ対策にもなるといえるでしょう。

不動産投資のデメリット

不動産投資に限らず、どの投資にもデメリットは存在します。
ここからは、不動産投資のデメリットについてご説明します。

まず、一番考えられるリスクは家賃の滞納、賃料の下落と空室の増加です。家賃が下がり、空室が増えてしまうとその分家賃収入が減ってしまい、毎月のローンの返済が不可能になってしまう…という可能性もあります。

次に、物件の老朽化です。空室を増やさない為にも老朽化は最低限に抑えたいですが、それを防ぐ為には建物の修繕費などがかかっていてしまいます。老朽化は抑えたいけれど修繕費がかけられない…など、不動産投資をしているとこういう葛藤が非常によくあります。

最後のデメリットとしては、商品の流動性の低さです。不動産は非常に高額なものなので、株式などのようにすぐに現金化が難しい商品であり、他の金融商品などと比べると流動性が非常に低い商品になります。

まとめ

不動産投資にも、他の投資と同じように様々なメリット、デメリットがあります。
投資として非常に良い物件を購入するのは簡単ではありません。
ですが、色々な物件を見て、調べて、本当に良い物件に出会えるまで探し続けることをおすすめします。
メリットを最大限に生かし、デメリットを最小限に抑える。
当たり前のことですが、これが不動産投資を成功させるための秘訣だと思います。
成功している投資仲間を作り、色々な情報、アドバイスを色々な人から聞き、自分の投資に活かして見てください。